読み込み中
読み込み中
読み込み中
澪「おおおぉぉぉんっ!
そんな汚いチ○ポいやぁぁぁっ!抜いてぇぇぇっ!
汚いチンポでオマ○コ掻き回さないでぇぇぇっ!」

匡「そんなに変態的な事叫んでていいのかな?
家族の人来ちゃうよ?」

  キーワードに反応して澪がとっさに口をつぐむ。
……

澪「いやぁっ!中で出しちゃダメだよぉっ!
赤ちゃんできちゃうんだよっ!?
分かってるのっ!?あぁんっ……んんっ!」
  腰を振るたびに痺れるような快感が
どんどんと高まっていく。


読み込み中
澪「いぎゃぁぁぁぁぁあっ!ん゛あ゛あぁぁぁっ!
お尻がぁ……お尻があぁぁぁっ!嫌゛あぁぁぁぁぁっ!」
  刺激に不慣れな肛門に、
チカラ任せに太いバイブを挿入され、
澪が断末魔じみた悲鳴をあげた。

匡「そういや澪は尻穴は初めてだったな。
  どうだ、アナル処女をバイブに奪われた気分は?」

肛門を貫くバイブが振動を開始し、
  澪が陰惨な悲鳴をあげる。

 粘膜の中で跳ね回る2本のバイブの振動に、
澪が壊れそうなほどに背筋を反らして反応する。


読み込み中

澪「ひぃっ……チ○ポ増えてるっ!いや……
  もう嫌あぁぁぁっ!!
男A「おっおっ、いいよいいよ。オマンコびくびくしてるよ。
  澪ちゃん気持ちいいんだねぇ?」
男A「うほほっ……若い頃を思い出す程出ましたわ……。
  こりゃ孕んだかも知れませんなぁ。……へへへ」

滑らかな白い肌に吐き出された白濁の汚らしさが
何とも言えず卑猥で、
思わず僕もペニスを取り出してしまう。
……



読み込み中読み込み中読み込み中


読み込み中
読み込み中
(c)elle-叢神