主人公、岡野一樹は教育実習生。
彼は十数年ぶりに物語の舞台となる瑠川町にやって来た。

一樹はそこで3人の少女達に出会う。
古くから龍神にまつわる伝承があるこの町。
そして龍神の力を受け継ぐ少女。

一樹の好奇心は一つの事件の引き金となり、彼自身の命は残りわずかとなってしまう。
教師になりたいという一樹の目標。
彼を慕う生徒達の抱える悩み。
そして、日を追う毎に減っていく残された時間。
彼は何を感じ、そして考え、行動するのか。

未来は幾つの可能性。

一樹と3人の少女達の物語は、緩やかな時の流れに沿って動き始める----。
戻る
(C)天ツ澪