絶賛発売中

ノベルバージョンダウンロード
□ストーリー
クラスメイトにイジメられる毎日。
積もりゆくストレスと壊れそうな心。
高校生の阿部美香は、人の温もりと安らぎを求め、弟の孝助と肌を重ね合わせた。
最初に求めてきたのは孝助だった。
弟も美香と同じように学校で虐待を受けていた。
両親は仕事で滅多に帰らない。
家にいるのは、いつも美香と孝助だけ。
誰からも咎められる事なく、二人は性の快楽に溺れた。
いつか訪れる平穏な日々を夢見つつ。
だが現実は、悪化し続ける一方だった。
そして美香自身、近親相姦という背徳感に悩み続けていた。

□キャラクター紹介

生きるのが辛くて。
自殺する勇気もなくて。
ただ、いつか巡る春を夢みながら、
弟と肌を重ね合わせた。
臆病者で消極的。
内気で弱き。
強気になれるのは、
家でお酒を飲んでいる時だけ。
本が好き。
アーサー王伝説がお気に入り。
モーツアルトが好き。
『魔笛』の歌詞を暗記するくらい。
料理が好き。掃除も好き。
洗濯は面倒だから嫌い。
最近は、学校の屋上で青空の下、
昼寝をするのが日課となっている。
現在、高校一年生。
中高一貫校の学園に通っている。

人に命令されるのが嫌。
人に頭を下げるのが嫌。
人と群れるのが嫌。
人と同じ方向に歩くのが嫌。
でも、喧嘩が弱い。
運動神経も笑っちゃうくらい鈍い。
でも、生き方は変えられない。
不器用な性格だと自覚している。
趣味はスポーツ観戦。
野球。サッカー。バスケットボール。
選手カードも集めている。
格闘技も好きだったりする。
そして………姉の事が何よりも好き。
悲しいくらいに、好き。
でも、 お酒に泥酔した姉は苦手。
姉と同じ学園に通っている。
学年は、中学三年生。

「阿部さん、どこに逃げようとしたの?」
微笑みながら美香の向こう臑を蹴り上げる。
授業の合間。 昼休み。 放課後。
友人と一緒に美香を吊し上げる。
陰湿に、執拗に、気の向くまま。
机に涙の水たまりが出来るまで、
無抵抗の美香を迫害し続ける。
付き合いが長いわけではない。
高等部で初めて同じクラスに。
しかし、顔をあわせた初日から、
二人は今日のような関係になった。
なお今までに、 イジメ続ける理由を、
口にしたことは一度もない。

「阿部さんの好きな小説。
最新刊を買ったけど読む?」
美香に好意を寄せる、
ただ一人のクラスメイト。
成績優秀、スポーツも得意。
情に厚く、人望もある。
クラス委員長でもあり、
中等部では生徒会長も務めた。
学力以外は美香と正反対な人物。
たが最近、美香の方から接触を避けている。
迷惑をかけたくないという思いから。
それを察してか、
美香がイジメられていても、
見守っているだけで何もしない。
関わるのが嫌なのか、
それとも何か理由があるのか………。

題名
『朝の光が待てなくて』
ゲーム形式
オリジナル・ノベルゲーム
価格 未定
制作スタッフ
企画・脚本・演出/黒田如風
原画・CG/IWAKO
キャラ原案/ruka 
背景CG/桜井瑠珈
プログラム/ファンゴルン 
音楽/werewolf
歌/望月海里 (にゃんこバード)

CG枚数 イベントCG・20枚 背景CG・41枚



戻る