ストーリー


■ストーリー

美少女山口明日奈は、俺に特別な身体の秘密(ふたなり)を打ち明けてくれた。
それを知っても、彼女を好きだという気持ちに変わりはなく、俺は彼女と付き合いだした。
ちょっと怒った表情、風に揺れる髪、気が緩んだときに見せる柔らかな笑顔。
俺は彼女が大好きで、彼女は俺を好きでいてくれて。
俺にとって明日奈は特別な存在、最高のパートナーになれると思っていた・・・。
夏休み、明日奈がド田舎の叔父さん宅に預けられるまでは―――

夏休みの間、明日奈のご両親が海外に出張するらしく、彼女はその間遠く離れた父親の実家・・・
叔父さんの元に預けられることになった。
「どれだけ離れてても・・・私は裕樹が好きだから・・・絶対、好きだから」
そんな明日奈の言葉に励まされ、俺は笑顔で彼女を送り出した。
一ヶ月くらい、あっという間だと彼女に言って。

しかし―――
最初の内は毎日明日奈からあった連絡が、少しずつ減り始める。
だんだんと明日奈の態度が素っ気ないものになっていき、送られてくるビデオレターには叔父と村の男の影がちらつき始める・・・。
それを見る度、俺は胸のざわつきを気のせいだと言い聞かせて・・・。
早く、夏休みが終わって明日奈が帰ってくればいいのに、と願うのだった・・・。



信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて… TOPに戻る