プロモーションムービー

プロローグ
彼女は、人・・そう、人間。
紛れもなく、目の前に存在している。
なのにその少女が放っている『存在感』が、俺にはあまりに希薄に感じられてならなかった。まるで手の届く処にいるはずなのに、触ろうとしても触れられない・・いや、手がすり抜けてしまうような感覚。
そんな事をした瞬間に、目の前の少女が消えてしまいそうな、そんな気さえしてしまって。
そんな風に感じたから、なんだろうか。俺は自分でも信じられないほど、彼女に強く深い興味を抱いた。
俺は多分、ミーハーでもないし、実は彼女の大ファンだった・・という事もない。
TVか何かで見た時、可愛いと思った事はあったが、それは継続的な印象でもなかった。
なのに今、どこか痩せて、以前よりも魅力や印象が薄くなっているこの少女に、俺は抱いてしまったのだ。
生まれて初めて感じる、強い衝動。
どうして、何故こんな衝動を感じるのか、自分でもよく分からない。
でも・・今の自分のこの気持ちは、紛れもなく『本物』だった。
「・・・・・・描きたい・・」
コレが、俺が本当に描きたかったものなのかも知れない。

●葵 咲夜(あおい さくや)



●年齢:19歳
●芸名:SION(しおん)

●職業:元アーチストカリスマ的な存在感と歌声を持つ、孤高のアーティストだった少女。彼女の歌は、単なる歌を超え彼女自身のメッセージとして広がり、若者達を魅了した。
だが、絶大な人気を誇った彼女も、芸能界の裏の世界に汚されバッシングを受け、姿を消す事になる。そのことから咲夜は心に深い傷を負い、歌えなくなってしまった。 その彼女が、更に病に倒れてしまった。それは身体が衰弱し各所の機能が低下していく、原因不明の奇病だった。彼女の身体は、確実に『死』へと向かっていた・・・。 様々な方面から研究と治療が進められるが、その一環として精神科の治療も行われる事となり、俊樹が担当となる。 そして、彼女と初めて対面した時・・・彼は不思議な感覚にとらわれた。彼は、彼女に強い興味を抱く。 それはやがて、彼女を『描いてみたい』という衝動に変わっていくのだった・・・。


●美山 葉月(みやま はづき)


●年齢:22歳

●職業:看護士 今は、俊樹専属の精神科の看護婦。 普段は勤めて明るく元気で優しく、患者からも大人気。だが彼女は、かつて俊樹の東京での研修医時代の患者だった。 葉月はリストカットして、急患で運ばれてきたが、誰も担当できる者がおらず、俊樹が処置をする事に・・・。大パニックになりながらも、かろうじて処置を行った。 しかしその不手際な処置のせいで、葉月の手首に大きな傷を残す事になってしまった。 それでも入院中、主人公は彼女に謝りながら、必死のカウンセリングを続ける。そして閉ざされた彼女の心を、少しずつ開いていった・・・。 そして、数年後・・・看護婦となった葉月は、俊樹の勤務する病院にやってくる事となった。


●神崎 俊樹(かんざき としき)


●年齢:27歳

●職業:精神科医 山と海に囲まれた田舎町、その小高い丘の上にある近代的病院に勤務する。そこでは長期入院患者に対する、様々なケアがテストケースで行われている。 彼は絵を描くのが何よりも好きだった。しかし両親共に医者の家系に生まれた彼は、医者になる事を子供の頃から親に強要されていた。 中学・高校と美術部で過ごした日々に充実感を覚え、絵を描く事を心から愛しながらも・・・。 そんな彼が、一人の少女と出会った事で、何かが確実に変わっていく事になる。 ほんの小さな事だが、それは今まで彼が見えなかった・・見てこなかっ『世界』を見るきっかけになるのだった。




■発売日:発売開始!
■価格:600円
■対応機種:FOMA90X系のみ
(エッチ度)★★★
(巨乳巨乳度)★★★★
(歌唱度)★★★★★
(心のスケッチ度)★★★★★
(お得度)★★★★★ 

戻る